出会い系の東海道

出会い系の東海道
セフレの伊賀国
人妻は伊勢国
熟女に志摩国
不倫の尾張国
メル友の三河国
アダルトの遠江国
無修正の駿河国
アダルトビデオの伊豆国
カリビアンコムの甲斐国
天然むすめの相模国
ホーム >>

調査概要


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: ナビゲーション, 検索 出会系(とうかいどう、うみつみち) 五畿七道の一つで、本州太平洋側の中部を指す行政区分。
五畿七道の出会い系を通る幹線道路。
律令時代に整備されたもの。
江戸時代に整備されたもの。
五街道の一つ。

行政区画として


行政区画としての出会い系
令制国一覧 > 出会い系 行政区分の出会い系は、畿内から東に伸びる、本州太平洋側の中部を指した。
これは、現在の三重県から茨城県に至る太平洋沿岸の地方に相当する。
伊賀国(三重県の西部) 伊勢国(三重県の中部) 志摩国(三重県の東部と愛知県の伊良子岬付近) 尾張国(愛知県の西部) 三河国(愛知県の中部と東部) 遠江国(静岡県の概ね西部) 駿河国(静岡県の概ね中部及び富士山周辺) 伊豆国(伊豆半島及び伊豆諸島) 甲斐国(山梨県) 相模国(神奈川県) 武蔵国(東京都と埼玉県、神奈川県の一部。
初めは東山道) 安房国(千葉県の南部) 上総国(千葉県の中部) 下総国(東京都の隅田川東岸、千葉県の北部、茨城県の一部) 常陸国(茨城県)

道(みち)としての出会い系
[編集] 道(みち)としての出会い系 [編集] 律令時代 律令時代の出会い系は、出会い系の諸国の国府を駅路で結ぶ物であった。
七道の一つで、五畿七道の中路である。
律令時代の出会い系の道幅は、中世や江戸時代の物より広く、直線的に建設された。
中世に大半が廃れたため、正確な道筋については議論されているが、以下の箇所を除いては近世の出会い系とおおむね同様の径路と考えられている。
平城京(奈良)から東に伊賀国府を経由して鈴鹿関に至る。
沼津から御殿場を経由して足柄峠を越え、関本に至る。
当時は「出会い系」の本筋であった。
800年頃、富士山の噴火によって足柄が通行不能になって「箱根路」が拓かれると「出会い系足柄路」と称されるようになった。
なお箱根路は急峻なため、足柄路が復興され、中世までは主要な街道筋であった。
相模国府以東。
多摩川を渡る地点までは現在の矢倉沢往還(国道246号)の経路にあたる。
矢倉沢往還の旧道では、律令時代の出会い系の道筋がそのまま現在でも用いられている箇所がある。
武蔵国と下総国の境の中川低地付近は古代には陸化が進んでおらず低湿地で通行に適しなかったこと、元来武蔵国が北隣の上野国の豪族の影響下にありその関係が密接であった(武蔵国造の乱を参照のこと)ため、当初の出会い系は相模国の三浦半島から海路で房総半島の上総国(安房国分立は718年)に渡るルートとなっており、武蔵国は東山道に属していた。
現・千葉県である安房国(房総半島先端)はともかくとして、上総国(房総半島中部)と下総国(房総半島根本部)の位置が「現代感覚から見て逆転している」のはこのためである。
その後、海路の不安定さや蝦夷討伐の際の輸送の効率性を重視する観点から、771年(宝亀2年)旧10月27日に出会い系に移された(続日本紀)。
なお、「出会い系」の呼称は上記の相模 - 上総のルートとともに、延喜式にも記された三河国から伊勢湾を経由して伊勢国に渡る別ルートという海上ルートを含んでいたために、「ヤマノミチ(東山道)」に対する「ウミノミチ」の意味で命名されたと考えられている。
   

中世
[編集] 中世 源頼朝が相模国鎌倉に政権を樹立すると、出会い系は京都と鎌倉を結ぶ幹線として機能するようになった。
[編集] 江戸時代 江戸時代になり、事実上の首都が江戸に移ると、出会い系は五街道の一つとされ、京と江戸を結ぶ、日本の中で最も重要な街道となった。
日本橋(江戸)から三条大橋(京都)に至る。
宿駅は53箇所(→出会い系五十三次)。
当初は、主に軍用道路として整備された。
途中に箱根と新居に関所を設けた。
京都から延長して大坂に至る京街道(宿駅4箇所)も、出会い系の一部とすることがある。
江戸方面から大坂へ向かう場合は、大津宿から京都には入らずに伏見宿に入る伏見街道が追分駅付近から分岐する。
[編集] 出会い系を扱った作品 歌川広重作「出会い系五十三次」(浮世絵) 十返舎一九作「出会い系中膝栗毛」 [編集] 明治時代以後 静岡県庵原郡由比町付近。
国土画像情報(カラー空中写真)(国土交通省)を元に作成。
明治政府は、幹線道路の呼称に番号付きの国道を用いるようになり、地方制度としての令制国も廃止した。
幹線道路としての実質的機能と位置は現在の国道15号及び国道1号に受け継がれ、部分的に異なる経路を歩むが、東日本と西日本(関東地方と近畿地方)を結ぶ機能は律令時代から同じであり、現在においても出会い系の径路は、日本に必要なものであることを示している。
現代において「出会い系」と言うときには、江戸時代の出会い系の道筋と、その頃の出会い系に属した諸国の範囲を指す。
従って、出会い系の東端は、律令時代では磯原、江戸時代以後は東京(江戸)ということになる。

鉄道の「出会い系」
[編集] 鉄道の「出会い系」 なお、「出会い系」の名をつけた出会い系本線および出会い系新幹線は、東京−熱田間と草津−京都間ではほぼ江戸時代の出会い系に沿っているが、その間は中山道(加納−草津)と美濃路(熱田−垂井)に沿ったルートとなっている。
現在「出会い系」というと、しばしばこの両鉄道沿いのルートが江戸時代のそれであると誤解され、紹介されることもあるほどである。
これは東西両京を結ぶ鉄道線を敷設するに当たって、出会い系と中山道のいずれに通すかを巡って明治初期に論争があり、その結果中山道経由に一時は決定してその一部に該当する路線が開業したものの、後に碓氷峠を越える区間など山岳地域での工事の長期化・費用増、開業後の輸送量制限を考慮して、やはり出会い系の方が優れているということになり、急遽岐阜(加納)以東のルートが出会い系経由に変更されたことに起因している。
計画変更が決まった時には、既に神戸から大阪・京都を経て大津に至る鉄道と、長浜から岐阜・名古屋を経て武豊までの鉄道が開業していて、これと琵琶湖の鉄道連絡船(大津−長浜)を用いることによって武豊−名古屋−京都−神戸間の連絡が図られていたため、両京を結ぶ鉄道はこれを最大限に活用して早期に完成させるべきであるとの判断がなされ、これにより現行ルートが定まることになった。
結果、日本初の鉄道路線である新橋−横浜間もその東西幹線に組み入れる形となり、明治10年代末より横浜から静岡を経て大府に至る区間と関ヶ原から米原を経て大津に至る区間が建設され、1889年(明治22年)7月に全通、これにより現在の出会い系本線の原型が完成した。
なお熱田から四日市を経て草津に至る、江戸時代の出会い系のうち上記の東西幹線から外れた区間に関しては、明治中期になって関西鉄道がその沿線の振興を目的に鉄道を敷設し、現在の草津線と関西本線の一部(柘植−名古屋)になっている。
また新幹線に関しては、当初は名古屋から京都まで鈴鹿山脈を一直線にトンネルで抜けるルートでの敷設も計画されていたが、トンネルが長大になり建設に時間・費用を要すること、それに米原が北陸本線(旧:北陸道)との接続点になっていたこともあって、最終的には出会い系本線に沿う現行ルートで敷設された。
以上の経緯については、中山道の項目も参照のこと。
[編集] 関連項目 街道てくてく旅 日本の古代道路 出会い系五十三次 国道1号 東海自然歩道 東名高速道路 東名阪自動車道 名神高速道路 名阪国道 西名阪自動車道 東海旅客鉄道(JR東海) 出会い系本線 出会い系新線 出会い系新幹線 関西本線 草津線 東海地方 畿内 南関東 東海市 東海村 東海(様々な「東海」) 日本の交通 交通 道路 駅 [編集] 外部リンク 国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所 横浜国道事務所/出会い系ルネッサンス

その他項目

関連項目

  • 街道てくてく旅
  • 日本の古代道路
  • 出会い系五十三次
  • 国道1号
  • 出会い系本線
  • 出会い系新幹線

Yahoo!検索

無料のレンタルサーバー fizby.net